本文へ移動

焼結金網

●アブソルタ
ステンレス製金網を多数枚重ね合わせて加工・焼結を繰り返し、金属線の接触部を溶着させた板状のろ材です。従って、ろ孔は塑性変形によって重なり合う金属線が網目にたがいに分断し、微細で、しかも複雑に屈曲した新しい立体的なろ過孔を形成しています。ろ孔の大きさは金網のメッシュ、積層数、焼結時の加圧力によって決まります。
●ポアメット
アブソルタの姉妹品で、ユーザーのご要望に応えるために、ニチダイが総力をあげて開発した新製品です。ポアメットはステンレス製金網を5層積層し焼結したろ材です。ろ孔の大きさは2層目の金網で決定され、4層目及び5層目は強靭な畳織りを補強用として使用していますので、パンチング材等の新たな補強を必要としない充分な強度をそなえています。
●ポアフロ
有孔度を小さくし、ガス抵抗を高くした多孔板で、ろ過以外の分野、例えば粉粒体輸送、発泡、発汗、抵抗等に使用されます。金網の持つ優れたろ過制度を充分発揮します。

・ろ過抵抗
金網の持つろ孔が滑らかで流体に対する抵抗がきわめて小さい。
・耐圧性
ステンレス特有の強さと靭性を持ち、さらに焼結により、構造学的にも優れた耐圧性を持っています。
・耐熱性
ステンレス鋼の耐熱強度と耐酸化性を持ち、酸化雰囲気中で -269℃~600℃で使用できます。
・耐食性
ステンレス鋼特有の耐食性を再現します。
・逆洗効果
逆洗による再生効果は高く、長期間の使用に耐えます。
・その他
上記の特徴を持つこれらのエレメントはきわめて経済性に優れ、コンパクトなハウジングの設計を可能にします。

用途

ろ過用
工業油、燃料油、食用油、ジュースなどの食品、化学薬品、高分子ポリマー類、純水、廃水、空気、ガス、あらゆる流体のろ過、分析機器のろ過用。
脱液用
汚泥脱水、脱油、食品製造工程の脱水など。
支持体用
逆浸透膜などの薄膜の支持体、珪ソウ土ろ過の支持体など。

ステンレス鋼繊維フィルター

ナスロンフィルター(ファインポア)

●ファインポアはミクロンオーダーの高級ステンレス鋼繊維ナスロンを綿状に開繊してウェブとし、無酸化雰囲気中で焼結圧縮成形したデプスタイプ(深層ろ過型)のフィルタメディアで、多くの特長を持っています。
●特徴
・透過性  他の金属ろ材に比べ、空孔率60~80%と大きく、圧力損失が極めて小さく、効率の良いろ過が可能です。
・ろ過精度  ミクロンオーダーのステンレス鋼繊維とその段数効果により、高いろ過精度を発揮します。
メディアの安定性  ステンレス鋼繊維の相互間で接合部が強固に焼結されており、目開き、剥離がなく安定したメディアです。
・異物保持能力  金網、金属粉末焼結メディアに比べ、異物保持能力は数倍あります。同一ろ過精度のものでは、それだけ寿命が長くなります。
・耐圧性  素材はミクロンオーダーの金属繊維ですが、強固に焼結されており、適切な補強によって優れた耐圧性を有します。 
・耐熱・耐食性  ステンレス鋼(SUS 316L)の持つ優れた耐熱・耐食性を有します。
・再生性  ステンレス鋼の特性により、物理的、化学的に様々な再生方法の採用が可能で、長期繰り返し使用できます。
・仕様の多応性  ろ過精度、圧損小、耐圧力大などの特長と共に、形状、構造的に切断、ひだ付け、溶接加工などが可能で、幅広い用途に対応することができます。
平面顕微鏡写真
断面顕微鏡写真
●用途
高分子工業、化学工業、薬品工業、塗装ライン、粉体プラント、油圧・空圧機器、計測・計装機器、その他に両面・片面を金属で補強したNFMタイプとか、目付、構成を変えたもの等、使用目的により適合したものの製作が可能です。

ファインポアNF標準仕様

呼称
※1
濾過精度
μm
※2
バルブポイント圧
Pa
透過流量
※3 空気
l/cm2/mi
※4 水
cc/cm2/mi
※5 高粘度液体
cc/cm2/min
NF-03
3
9,560
0.15
18
0.083
NF-05
5
6,950
0.32
38
0.20
NF-06
10
3,600
1.1
140
1.2
NF-07
15
2,730
1.8
200
1.7
NF-08
20
2,250
2.4
300
2.3
NF-09
25
1,790
3.2
400
3.0
NF-10
30
1,410
5.0
600
4.5
NF-12
40
1,120
6.4
750
6.0
NF-13
60
830
9.2
1000
8.7
NF-14
80
460
15.0
1500
12.0
[注]
※1:JSB-8356の方法によりフィルターメディアを透過した標準試験粉体最大粒径。
※2:JISB-9356の気孔径試験による空気圧と流量グラフの交点の空気圧・試験液はイソプロピルアルコールを使用。温度25℃。
※3:25℃空気の差圧294Paにおける透過流量。
※4:25℃水の差圧1,960Paにおける透過流量。 
※5:2000Poise流体の差圧4.9MPaにおける透過流量。
※専用のカタログがあります。
詳しくはお問い合わせください。
TOPへ戻る